革靴初心者が気をつけたい靴底の選び方

こんにちは。今日は革底について書いていきたいと思います。まず本格的な革靴には2種類あり、靴底が革でできた『レザーソール』、ゴムでできた『ラバーソール』の2種類があります。ちなみに『ソール』とは靴底のことです。

ではそれぞれにどんな特徴があるのか調べてみたいと思います。

 

 レザーソールってってどうなの?

レザーソールに主なものに分けて2つあります。まず『シングルソール』と呼ばれるレザーソールがあります。主にレザーソールといえばこれです。値段が上がれば上がるほどこのソールの靴が増えていきます。

またソール薄いので靴自体が上品になります。今現在流通している革靴の70パーセントくらいはレザーソールではないかと思います。

これがシングルレザーソールの靴となります。

 

シングルレザーソールのメリット

  • 見た目が良い
  • 高級ブランドの革靴はたいていこの仕様となる
  • シングルソールを採用している靴はたくさんあるので買う際の選択肢が増える
  • ブランドによってはソールに色を塗ってあるものもあり、見えないオシャレができる
  • 靴修理をしているお店の選択肢が増える

シングルレザーソールのデメリット

  • 手入れが必要で、手入れをめんどくさがるとカビが生える可能性がある
  • 長距離歩くと足が痛くなる
  • 雨の日などには滑りやすい

シングルソールの特徴はなんといっても革靴の大多数がシングルソールを採用しているという点です。とくに高い靴になればなるほどこのシングルソールの採用率が上がります。

見た目がよく、足になじみやすいという特徴があります。そして革靴の本場の欧米では梅雨がないためカビの心配が日本と比べてないという特徴があります。

欧米では、アスファルトで舗装された道が日本ほど多くないなどの理由で好まれているソールとなります。

日本の場合、梅雨があるためレザーソールのカビを気にする必要があります。

イタリアなどでは石畳で整備された道があるので、そこまで気にする必要がないということも考えられます。

シングルソールで滑らないための対策

①かかとをゴムに替える

②ハーフソールをはる

ダブルソール

次にシングルソールを2枚重ねているレザーソールのことを『ダブルソール』といいます。これはもともとイギリスやスコットランドの湿地帯で歩くために発明されたソールのことです。

シングルソールと比べて分厚くなり少し歩きにくくなりますが非常に頑丈なソールです。


このようにごつい靴になります。 

ダブルソールのメリット

  • 頑丈で男らしい雰囲気になる
  • シングルソールよりも長距離歩くことができる
  • レザーソールと同様に修理することが可能
  • シングルソールよりも水がしみ込みにくい

ダブルソールのデメリット

  • つま先が削れやすいので、その分修理する必要がある
  • 雨の日に履いても大丈夫だが、その後は手入れが必要
  • シングルソールと同様に滑りやすい

レザーソールを2枚重ねることによってそれまでシングルソールで歩けなかった湿地帯を歩くことができるようになりました。

イギリス人はそれ以外にもアウトドアやハンティングといった用途に使うようになりました。

ダブルソールはイギリス靴だけでなく、アメリカ靴にも使われています。加えて、2枚重ねにすることで長距離歩くことができます。

アメリカでは外回りのセールスマンが好んではく靴となりました。

日本でも同じように60年代にサラリーマンのかたが好んではくようになり、おおきく経済を成長させるきっかけになりました。

これ以外にも『トリプルソール』というシングルソール3枚重ねた仕様の革靴がありますが、一般的な靴からは外れるので除外しました。

人によっては晴れの日にレザーソールの靴を使い、雨の日にはラバーソールの靴を使うという人もいらっしゃいます。

ラバーソールって履き心地は?種類はどんなのがあるの?

ダイナイトソール

ラバーソールといっても様々なソールがありますが、ここではドレスシューズに使われているソールにのみ限定したいと思います。

まずよく使われるのが『ダイナイトソール』というソールです。

ダイナイトソール 

ダイナイトソール

ダイナイトソールのメリット

  • レザーソールに比べて滑りにくく、耐久力がある
  • 手入れする必要性がないので楽
  • ラバーソールを扱っている靴修理をするお店にはたいていおいてある
  • アスファルトに強いのでたいていの道は大丈夫

ダイナイトソールのデメリット

  • 雨の日の濡れたマンホールや道路の集水ますのうえでは滑る
  • 意外とラバーソールの中では滑りやすい
  • 少々値段が高い

ダイナイトソールといえばラバーソールのなかでも一番メジャーなソールです。たいていこのソールが使われており、一番目にするのが多いソールとなっております。

特徴としてはアスファルトには強いのですが、雨の日の濡れたマンホールやタイルの上だと若干滑りやすいのと少し値段が高いというのが難点です。

しかし扱っている靴メーカーが多く、修理もしやすいソールとなっています

こちらは社会人の革靴の選び方についてまとめた記事です。社会人だけでなく初めて革靴を買う人にもおすすめです。

 

レザーソールと比べてグリップ力や耐久性が強く、雨の中の使用でも大丈夫なので晴れの日と雨の日とで靴を分ける必要がないことが利点です。