シルバーの趣味日記

時計や靴に興味がある30代の男です。私の経験を生かして『かゆいところに手が届く』blogをめざし、初心者でもわかりやすいような記事を書いていきたいと思います。

靴マニアの手持ちの靴について②


こんにちは。今日は私の手持ちの靴の残りについて紹介していきたいと思います。

ピストレロ オフィサー(カスタム済み)

 まずはピストレロについて紹介したいと思います。

私が持っている靴は『ピストレロ オフィサー 』という靴です。色はいうダークブラウンです。このメーカーではコードヴァンという色を選びました。

私の場合は購入後、修理屋(ユニオンワークスさん)さんにカスタムしてもらいました。ミッドソールをはさむことでさらに厚くしました。

f:id:silver2436:20190314175014j:plain

あいだに挟まっている茶色の層がミッドソールです

ピストレロのカスタムメニュー

   ミッドソール(5ミリ)

   ビブラム#2040ソール

   ブロックヒール(ユニオンワークスさんでおいてあるラバーヒール) 

f:id:silver2436:20190314165937j:plain

ピストレロ オフィサーの裏側 

スコッチグレイン 2726(カスタム済み)

f:id:silver2436:20190314171014j:plain

スコッチグレインについて説明したいと思います。スコッチグレインとは日本の靴メーカーで東京都の墨田区で創業された靴メーカーです。

お値段は3万円からと革靴ではリーズナブルな値段となっております。

革の質の良さからも人気のある靴メーカーとなっています。リーガルと比べて種類は多くないもののイギリス風のまじめな靴を製作しています。

『最初の1足はこのメーカー』というひとも多いのが特徴です。

スコッチグレインのカスタムメニュー

   ミッドソール(5ミリ)

   ビブラム#2870 

f:id:silver2436:20190314171717j:plain

スコッチグレイン ビブラム#2870+5ミリミッドソール

  

f:id:silver2436:20190314172311j:plain

5ミリのミッドソールを間に挟んでます。なので、ごつくなっています(スコッチグレイン

 ミッドソールをはさむのがマイブームだったので5ミリのミッドソールを入れて厚くしました。

もちろんミッドソールはなくてもしっかりあるけるので大丈夫です。雨の日でも使えるのでおすすめです。革は少しやわらかめですが、弾力があるのがわかりました。

リーガル

リーガルはもともと日本製靴(にほんせいか)として1870年に軍人の靴を作るメーカーとして東京で創業しました。1961年にアメリカのブラウン社と提携し『リーガル』ブランドの靴を製作し始めます。

1990年に『リーガル』の商標権を獲得しそれから社名を『リーガル』と変更し、今に続きます。軍人の靴を作る経緯やブラウン社との提携によりアメリカ風の革靴の製作を得意としますが、最近ではイギリス風の靴も作っています。

また高級ラインである『シェットランドフォックス』、『リーガルトーキョー』などでは主にイギリス風の靴が展開されており、靴好きの間で話題になっています。

  •  リーガル 05NRBH

 はいてみた感じでは外羽式ではきやすい靴です。個人的にはオン用の靴にしていますが、オフでも合わせやすいと思います。

ボリュームがある靴なので、カーゴパンツや太めのチノパンでも合わせやすいのが特徴です。

また値段も3万円台と手の届きやすい価格です。スコッチグレインと比べると若干革の質は下がりますが、丈夫な革をつかっているのでガンガン使うことができます。