知っておくと通ぶれるシューズメーカー【4万円以上】

Baker(バーカー、ベイカーとも)

1880年にイギリスで創業したブランドです。日本では知名度はあまりありませんが、質の高いブランドで、靴マニアに人気の靴となります。

『プロフェッショナル』、『クリエイティブ』、『インターナショナル』、『ヘリテージ』の4つのコレクションからなっており良心的な価格で販売されています。

興味がある方は調べてみるのもいいかもしれませんね

シェットランドフォックス(リーガル)

リーガルが1982年に発売した高級ラインです。『ブランドに惑わされない日本人のための日本ブランド』というコンセプトで作られました。

革にこだわり、靴の形も日本人向けに設計し上品に仕上げられています。

大多数が4万円代から6万円代となっています。パターンオーダーも定期的に開催しているので興味がある方は確認してみてはいかがでしょうか。

リーガルの店舗で扱っていますが、扱ってない店舗もありますので、ご注意ください

リーガルトーキョー(リーガル)

 リーガルトーキョーは以前の記事で紹介しました。3万円代の商品もありますが、オイルレザーやコードバンといった革を使ったモデルは高くなります。

中古品以外はネットに流通していませんので、新品がほしいなら銀座店で買いましょう。お店は地図でご確認ください。ちなみに私は持っているのはW516とW517です。

f:id:silver2436:20190401063231j:plain

リーガルトーキョーW517

シェットランドフォックスとリーガルトーキョーがリーガルの1番高いモデルとなります。

大塚製靴(おおつかせいか)

1872年日本で創業し、皇族御用達の靴メーカーとして靴を生産していたメーカーです。店舗とネットで購入することが可能です。

ネットでは注文を受け付けてから生産を行っています。

ここで生産される靴は非常に作りこまれており、イギリスのシューズメーカに引けをとらないブランドとなります。

戦前は海軍の元帥や政治家などがはく高級な靴を生産していたため内羽式の靴が多く、非常にエレガントな靴がおおいのが特徴です。

店舗は六本木にありますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

 ヤンコ(Yanko)

ヤンコはスペインで創業した靴ブランドです。意外と知られてませんがスペインはイギリスに次ぐ靴大国であり革質もよいことが特徴です。

1961年にスペインマヨルカ島で創業し、調達から販売まで行うメーカーとしての顔もあります。

イギリス式の靴のとラテンのデザインが合わさった靴を作ることから日本でも人気がでました。値段もイギリス靴と比べて安く、高品質の靴が多いのでねらい目だと思います。

また日本人に合う靴を研究し販売していることからも日本への参入の本気度が伝わってきます。

 スペイン靴に興味がある方はぜひ調べてみましょう。百貨店でも購入することができます。

カルミナ(Carmina)

こちらもヤンコと同じスペインの靴メーカーです。スペインマヨルカ島で創業したオーダーメイドの小さな靴工房からスタートしました。

1905年にはグットイヤー製法の靴を生産する工場を作り、1961年にはスペインで有数の靴メーカーにまで成長しました。

91年には靴の高級化路線によりカルミナが創業しました。

靴の特徴はイギリス靴と同じ製法をもちいながらも、さらにエレガントな靴を生産しているという点です。

革靴といえばイギリスやアメリカがあがりますが、実はスペインも隠れた高品質な靴生産をおこなっている場所ですので、気になったかたはぜひ調べてみてください。

 

 お手頃な革靴が欲しい!!という方はこちらの記事がおすすめです。

 

www.silver2436.com