リーガルトーキョーW517 履いてみた結果

こんにちは。今日は私が持っているリーガルトーキョーW517について書いていきたいと思います。W517とはこれです。

f:id:silver2436:20190331211114j:plain

リーガルトーキョーW517

以前のblogで黒い靴はオフの時にはく靴として書いていましたが、これは例外として持っている黒い靴となります。

 

 

www.silver2436.com

 

この靴の見た目に関して

靴に模様が入っているのが分かりますでしょうか?この穴飾りの模様がついている靴をフルブローグシューズといい、カジュアルな感じに合わせやすい靴となっています。

そのため、オフにはくドレスシューズの中でも1番はく頻度が高い靴となっています。

このような靴でもスーツに合わせることはできますが、ジャケットのほうが合わせやすいと思います。

またこの靴自体模様が入っている靴ですのでスーツに合わせるなら無地のものよりも柄物のほうがちぐはぐせず合わせやすいです。

またポロシャツとチノパンというラフな格好にも合わせると、砕けすぎないコーディネートを楽しむことができます。

また靴自体がクラシックなデザインで、一般的なイギリス製の靴と比べて値段が安いです。

イギリス製の靴を試す前にどんなものかを体験するためにこの靴を買ってどんなものなのかを試してみるのはいかがでしょうか?

ちなみに税込み34,560円(2019年4月現在)です。

 この靴を履いてみて

かかとをvibram#2055でカスタムしたため純正のダイナイトソールよりもグリップ力が強く、履きやすくなりました。

足に入れたときしっかりと足を包み込む感じがします。この靴にはしっかりとコルクが入っているため時間をかけてはいていくと足にしっかりなじんでくるのが分かります。

またダイナイトヒールと比べても削れにくいのでお財布に優しいです。修理費は3500円くらいだったと思います。

f:id:silver2436:20190407190107j:plain

リーガルトーキョーW517 の靴の裏

靴底とかかとの色が違うのが分かりますでしょうか?

また下のリーガルトーキョーの靴箱に注目すると普通のリーガルシューズよりも高級感が出ていい感じとなります。

 リーガルトーキョーの靴を買うと必ずついてくる靴箱になります。

まとめ

  • フルブローグシューズなのでスーツだけでなく、ジャケットでも合わせやすい
  • 程よく上品なので、コーディネートが砕けすぎない
  • かかとをカスタムしたのでグリップ力が増して、削れにくくなった
  • クラシックなデザインでイギリス製よりも安いので、本物のイギリス製の靴を楽しむ前に挑戦しやすい
  • リーガルトーキョーの靴を買うと高級そうな箱がついてきた