【カントリーブーツ】トリッカーズ イルクリーのサイズ感って?バートンとの違いは?

こんにちは。今日はトリッカーズのイルクリーを履いてみて思ったことを書いていきたいと思います。私が持っているのは『トリッカーズ イルクリー』です。

f:id:silver2436:20190401063430j:plain

トリッカーズ イルクリー

イルクリー(ILLKLY)とはトリッカーズの定番商品のバートンと比べて、少々マニアックな靴のラインとなります。ちなみにバートンとは下の靴です。

 

トリッカーズといわれてこの下の靴をイメージする人は多いのではないでしょうか?

 

 

バートンとの違い

1.色のバリエーションの数

バートンとの違いはまず『イルクリーは色のバリエーションが少ない』ということでしょうか。

バートンには黒、エイコーン(どんぐり色)、エスプレッソ、マロンと種類があるのですが、イルクリーには黒とブラウンしかありません。

2.使ってる革が違う

バートンは普通の牛革(スムースレザーといいます)を使っていますが、イルクリーにはグレインレザーというざらざらした革を使っています。

そのためバートンよりも華やかさが少ないのが特徴です。パッと見て一瞬アメリカ製の靴に似ていると思ったのは私だけでしょうか?

3.サイズ感が違う

私の場合バートンは6H(24.5㎝)でしたが、イルクリーは6(25㎝)でした。木型は同じものを使っているのにサイズが違うのかと改めて思いました。

 イルクリー(ILLKLY)を履いてみての感想

履いてみて思ったことはコマンドソールを使っているからか、最初は少しぶかぶかでした。普通の靴下ではぶかぶかなので、厚手の靴下で履き心地を調整しながら今も履いています。

厚手の靴下を履いたあとこの靴を履くので個人的には冬用の靴にする予定です。よく言われることですが『トリッカーズは作りが粗い』といわれる靴です。

なので持ち主は作りの粗さも許容する寛容さも必要です。履いてみた感じでは若干右がぶかぶかな感じがします。

ですが、これが『トリッカーズの持ち味』なので、気にせず、一生付き合っていくと決めて履いています。

初めてのコマンドソールだったのですが、男らしいソールでしっかり歩けているのでそこは買ってよかったです。

まとめ

  • イルクリー(ILLKLY)はグレインレザーを使っている
  • イルクリー(ILLKLY)はマニアックな靴である
  • バートンと比べて色のバリエーションが少ない
  • バートンと比べてより質実剛健な靴である
  • 作りが粗いことは気にしない