シルバーの趣味日記

時計や靴に興味がある30代の男です。私の経験を生かして『かゆいところに手が届く』blogをめざし、初心者でもわかりやすいような記事を書いていきたいと思います。

リーガルトーキョーW516 を履いてみた結果

こんにちは。今日は私が持っているリーガルトーキョーW517について書いていきたいと思います。W516とはこれです。

f:id:silver2436:20190401063231j:plain

リーガルトーキョーW516

茶色のストレートチップですね。黒いストレートチップだと生真面目さがでますが、茶色にすることで少し遊びが出てきます。

もちろんスーツに違和感なく合わせることができます。カジュアルな格好でも合わせることができます。

 

この靴の見た目に関して

個人的には黒いストレートチップはオンの時に合わせるのに対し、オフの時に合わせる靴として履いています。もちろんオンの時でも使えます。

リーガルトーキョーW517と同じようにジャケットとチノパンやポロシャツとチノパンなどに合わせることで砕けすぎないコーディネートになるのはリーガルトーキョーW517 と同じです。下の記事がW517の記事となります。

 

www.silver2436.com

 

W517と比べて大きく異なるのは横1本の線のみのデザインとなっているので、W517 と比べてまじめな印象になります。 

またクラシックなデザインでイギリス製の靴と比べて値段も安いのでイギリス製の靴を試してみる前にこの靴を試してみるのをおすすめします。

また色も濃い目の茶色で癖の少ない靴ですので、たいていのコーディネートに難なく合わせることができるのが特徴です。

ちなみにリーガルトーキョーW517と同じ木型で、値段も同じとなっています。(34,560円 2019年4月現在)

この靴を履いてみて

この靴を履いてみるとわかるのですが、足に入れたときしっかりと足を包み込む感じがします。

この靴にはしっかりとコルクが入っているため時間をかけてはいていくと足にしっかりなじんでくるのが分かります。

リーガルトーキョーは普通のリーガルと比べて履き心地がいいと個人的に思います。

さらにこの靴やリーガルトーキョーW517では革も国産革を使っており、履いていると丈夫な革だということがわかります。

またデザインも上品な靴に仕上がりになっております。

またダイナイトソールを使っていることからもレザーソールの靴と比べてメンテナンスをそれほど必要としない日常使いできる靴となっています。

まとめ

  • 茶色いストレートチップは黒いストレートチップよりも遊びがでる
  • クラシックなデザインでたいていのコーディネートに合う
  • ダイナイトソールなので、どんな天候でもはくことができる