シルバーの趣味日記

時計や靴に興味がある30代の男です。私の経験を生かして『かゆいところに手が届く』blogをめざし、初心者でもわかりやすいような記事を書いていきたいと思います。

ソーラー時計ってすぐ止まる?専用の充電器ってあるの?

こんにちは。皆さんはソーラー式時計ってどんなイメージをもっていますか?

すぐ止まる』、『充電する必要がある』、『なんか面倒くさそう』・・などいろいろあると思います。

そこで、ソーラー式時計の特徴と私の体験談を書いていきたいと思います。

 1.ソーラー式時計のメリット

  • 充電の必要がある

ソーラー式の時計の特徴は光で充電することが必要になってくるという点です。電池式の時計と比べて電池の交換が不要ですがその分充電する必要があります。

充電方法は太陽の光だったり、蛍光灯の光などで充電することができます。

ちなみに充電しないと時計の針が止まってしまいます。

私が以前使っていた時計は充電するのを忘れていて時計が止まってしまい、学校の教室の蛍光灯の光で充電していました。

ちなみに月に1度、5~6時間ほど充電することが必要です。

  • 電池交換不要

電池を交換する必要がないので、楽なことと交換するときのお金がかからないので、非常に経済的でおすすめです。

電池を交換するのに国産の腕時計では800円くらい、海外製の時計は1500円くらいします。電池交換するたびにいちいちその額を支払う必要性があります。

電池交換を自分でするのであれば、電池代のみで交換することができます。

この点はお金がないときには非常にありがたかったです。

2.ソーラー時計のデメリット

  • 中に入っている電池の修理が必要

5年から10年くらいで中に入っている電池の修理のためにメーカーに出す必要性があります。修理に時間と費用が普通の電池式時計よりもかかってしまいます。

修理に出している間は別の時計を購入し、使うことをお勧めします。

  • 時期によっては充電が足らないこともある

時期によっては電池の充電が足らないこともあるので気を付ける必要があります。そのため蛍光スタンド等で充電することで、充電が足らないということを回避できます。

専用の充電器も売っているので、そちらもおすすめします。

私のおすすめはこちらです。いつもこれで充電しています。

まとめ

  • 充電する必要があり、十分に充電されてないと止まってしまう
  • 5年から10年に中の修理があり、修理費が普通の電池式時計よりも値段が高くなってしまう
  • 時期によっては充電が足らないこともあり、専用の充電器を買うこともできる