私がオススメしたいイチオシの日本製の靴下2選

こんにちは。靴下を一番生産しているのは奈良県である。ということをご存知ですか?実は奈良県は靴下を作り続けて100年以上の歴史があります。

今現在は国内の靴下の6割が奈良県で作られています。

今日は私がおすすめしたい日本製の靴下について書いていきたいと思います。

Mabel Amber, still incognito...によるPixabayからの画像

Mabel Amber, still incognito...によるPixabayからの画像

 1.靴下屋

靴下屋とは東京と大坂に本社を構える靴下メーカーです。

最近では商業施設や空港にも出店しています。

商品の品ぞろえはメンズだけでなくレディース、キッズなど幅広く展開しております。

またビジネス用からスポーツ用までジャンルが幅広くあり、履き心地にこだわった靴下作りがなされていることが分かります。

自分たちで使う綿を1から育てるために奈良県にある休耕田をつかって、綿栽培を行いその綿を靴下にしていくということも行っているメーカーさんです。

実際に使ってみて

実際に使ってみてよかったなと思ったのはやっぱり国産という安心感がありますね。私が履いていたのは『マルチボーダーソックス』と『レーシングラン』という商品です。

なんといっても足にぴったりとくっつく感じは1度履くとやみつきになりました。スーパーで買う靴下よりも少々高かったですが、買ってよかったと思います。

2.RoToTo(ロトト)

RoToTo(ロトト)は大阪に本社がある新しい靴下メーカーです。工場はもちろん奈良県にあり、海外製では出せない質の高い製品を製造し続けています。

驚くべきことは最新鋭の機械を使ってないということです。

言い換えると、職人さんの腕で高品質のものづくりをやってるんですね。

こちらも靴下屋さん同様高品質な商品を生み出し続けています。