コートにこだわりたい!どんな種類があるの?

こんにちは。今日はスーツに合わせるコートについて書いていきたいと思います。

 

1.チェスターコート

チェスターコートはスーツに合わせることができるコートになります。長さも膝に届く位の長さでシンプルなコートになります。

シンプルなコートなので、オンオフの区別なく着ることができます。スーツにあわせるのもよし、ジャケットなどのキレイ目な格好に合わせることもできます。

2.トレンチコート

トレンチコートとは第一次世界対戦下のイギリスで軍用コートとして生まれました。

トレンチとは日本語で塹壕を意味するもので、トレンチコートとは塹壕の中で防寒、防水機能がついたコートとして、当時の将校に愛用され、戦争終了後に民間でも流行しました。

日本でもスーツに合わせているサラリーマンの方も多く、スーツに合わせる定番のコートとなります。

もちろん中にニットなどを着てカジュアルな感じにすることもできますし、大人の人に着てほしいコートとなります。

3.キルティングコート

キルティングコートとは貴族がハンティングや田舎にいくときに着て行くコートの一つです。

もともと、オフの用途で用いられていたのですが、現在ではスーツに合わせることができるコートの1つとしておすすめのコートになっています。

トレンチコートやチェスターコートと比べて知名度が低いコートとなりますが、スーツにも合わせることができます。

キルティングコートは知名度が低いので人と被る心配がありません。なので、人と被りたくな人はコートの購入の検討をしてみてはいかがでしょうか?