知っておきたい日本の腕時計のこと

こんにちは。今日は日本の時計メーカーについて書いていきたいと思います。

目次

1.セイコー

セイコーは皆さんお馴染みの腕時計だと思います。1881年に創業し、もともとは海外製の腕時計の輸入業務を行う会社でした。

やがて自分達で腕時計を製造し、高級ラインであるグランドセイコーやクレドールなどを世にだしました。

グランドセイコーは『最高の普通』をコンセプトにしており、クレドールは『黄金の加輝き』をコンセプトにしています。

貴金属を使った腕時計作りを得意としているセイコーの中でも珍しいのジャンルになります。

 

2.シチズン

シチズンもまた、セイコーと同じくお馴染みの時計だと思います。

1918年に創業し色んな人に使ってもらいたいという意味でつけられたのが名前の由来です。

最近では海外時計部品メーカーを買収したりするなどして、高級路線にすすみつつあります。