Klassy(クラッシー)のサービスの感想と特徴!部屋をスッキリさせたい方必見

こんにちは。今日は私が使ったKlassy(クラッシー)というトランクルームのサービスについて書いていきたいと思います。

PexelsによるPixabayからの画像

PexelsによるPixabayからの画像

 

1.トランクルームってなに?

トランクルームとは自分の普段使わない持ち物を倉庫で預かってくれるサービスのことです。

引っ越しするときに一時的に荷物を預けたいという方や部屋に荷物をおいておくとスペースを撮ってしまうという方におすすめです。

例えば車の予備のタイヤや靴や服といった季節によって変えるものなどを預けることができます。

また収納するスペースが足りないという方にもおすすめです。

2.私が使ったKlassy(クラッシー)というトランクルームで預けられないもの

トランクルームで預けられない物はお金などの貴重品や生モノ、植物などがあります。これはKlassy(クラッシー)じゃなくても預けることができません。

あくまでも洋服や本や暖房器具といった家電製品などの長期間保存することができるものに限ります。

私が使ったKlassy(クラッシー)のサイトはこちらになります。

https://klassy.jp/guide/?gclid=EAIaIQobChMI5_-2pfGQ5QIVTWoqCh2wmAIkEAAYASAAEgIFhvD_BwE

3.Klassy(クラッシー)というトランクルームを実際につかってみた感想

私は断捨離したあと引っ越しの準備をしていたのですが、どうしても捨てられないものがありました。

そこで、どうしても捨てられないものに関してはトランクルームで預かってもらいました。

私が預かってもらったのは靴、服、本といったものです。会社の寮に引っ越す予定だったのですが、意外と寮が狭かったので断捨離することにしました。

ある程度会社の寮で過ごしたら、仙台で家を借りようかと思っていたのですが、仕事の関係でまた関東の方に戻ることになりました。

そのため預けていた荷物を関東の倉庫に預け直してもらいました。仙台の倉庫から関東の倉庫に移し替えると、8万6千円くらいかかりました。

私が使ったトランクルームKlassy(クラッシー)の特徴

私が使ったのはklassy(クラッシー)です。

手続きに免許書などの写真付きの証明書とクレジットカード、印鑑が必要になります。

  • 敷金礼金がいらないので、財布に優しい
  • セキュリティや保証もきちんとしているので、とても安心
  • 車がなくても利用できるので、車を持ってない人や運転に自信がない人でも安心して荷物の出し入れが可能
  • 展開している地域は宮城県仙台市、東京・神奈川・千葉・埼玉の関東圏で展開されており、その地域なら電話1本で荷物の予約が可能
  • 荷物を運んでもらうサービスは遅くても1週間前に電話で伝える必要がある
  • 料金シュミレーションがあるのでどれくらいかかるのか分かる


このページからで自分がどれくらいの荷物を預けるを事とどれ位の値段にあるかを預ける前にシュミレーションすることができます。

このページでシュミレーションができます。

このページでシュミレーションができます。


Klassy(クラッシー)の特徴の1つである荷物を運んでもらえるサービスがあるのが嬉しいですね。

私も車を持ってない上に運転に自信がなかったのでこのサービスを使ったんですが、非常に便利でした。

仙台の倉庫への荷物の搬入に時間がかかるかなと思っていました。しかし1時間かからずに荷物の搬入ができました。

また仙台から東京にある倉庫に移すのも電話1本で移していただいたので非常に助かりました。

Klassy(クラッシー)を使うためには登録が必要になります。

登録した後に荷物を運んでもらうためにはマイページから荷物を運んでもらう予約ができるのでわざわざ電話する必要がないので楽にできますね。 

上側にMY PAGE(マイページ)があるのでここから荷物を運んでもらう注文を出すことができます。

このページの上側のMY PAGEからログインすることができます。

このページの上側のMY PAGEからログインすることができます。

関東地方なら荷物を預けるときに私はKlassy basicを使いました。約9,000円くらいで、仙台だと約8000円で荷物を預けることができました。

その後仙台から関東に仕事の都合で引っ越すことになり、仙台から関東にある倉庫に移しかえることになりました。

Klassy(クラッシー)を使ってみて気になった点

  • 営業時間が月曜日から金曜日の朝9時から17時までで、それ以外の時間は自分で荷物を出すこともKlassy(クラッシー)が手配した業者さんも荷物を出せない
  • 荷物を運んでもらえるサービスを使うためには遅くても1週間前に伝える必要があるので、いきなり引っ越ししなければいけない人には厳しい
  • 関東圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)や宮城県仙台市のみに展開しているのでそれ以外の地域の引っ越ししなければならない人には使えない
  • 荷物を倉庫から運んでもらうには東京23区か横浜のみ

私はいきなり転勤の話がきたので、ここを利用しました。

私は宮城県仙台市に転勤することになったのですが、仕事をやめた後関東に帰るときには電話で関東の倉庫に電話1本で移動させることができました。

次は東京に住居が決まったのですが、23区外だったので荷物を持ってきてもらうサービスが受けられませんでした。

もし東京23区か横浜市に住んでいらっしゃる方なら倉庫から家に荷物を運んでくれるサービスを受けることができるので、該当地区に住んでいる方はすごく便利です。

荷物を家から運んでもらうサービスは1週間前からになるので、転勤の話が来たのが3日前でした。

なので荷物を運んでもらえるサービスを受けられずに引っ越し業者さんに電話して、荷物を倉庫に運んでもらいました。

引っ越し業者さんに頼んだのでそのお金がかかったけど、だいたい満足でした。

まとめ

  • トランクルームは自分が車のスペアタイヤや着なくなった服など普段使わない物を預かってくれる
  • Klassy(クラッシー)を使うのにクレジットカードと身分証(写真付きのもの)が必要
  • Klassy(クラッシー)は宮城県仙台市と関東で展開されており、電話1本で対応してくれる
  • 仙台の倉庫から東京にある倉庫に電話1本で荷物を移し替えてくれる
  • 営業時間が朝9時から17時までで、それ以外の時間は対応していない
  • 関東と仙台市のみの展開なので、引っ越しするときはそれ以外の地域の荷物の運搬は行っていないので注意

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 男のファッションアイテム
にほんブログ村