【4選】時計の革ベルトを変えたい!!どんなブランドがおすすめ?

こんにちは。今日は時計の革ベルトを交換したいけど、どんなのがあるかわからないと困ってないですか?

今日はそんな方に書いていきたいと思います。

 1.BAMBI(バンビ)

BAMBI(バンビ)は日本の時計の革ベルトの製造をおこなっているメーカーです。

革ベルトは汗などの水分に弱いのですが、特殊な加工がなされてる商品などさまざまな商品が展開されています。

さまざまなラインが展開されておりリーズナブルなものから高級ラインまで網羅されています。

また革ベルトのオーダーメイドも行っているので、自分だけのベルトがほしい方はおすすめです。

日本製ということもあり国内の腕時計やさんで1番多く流通している時計の革ベルトメーカーではないでしょうか?

個人的に革ベルトの交換でこのブランドにお世話になりましたが、時計の革ベルトの寿命は1シーズンと言われていますが、半年くらい持ちました。

それほど丈夫な革ベルトなので、是非オススメします。

2.MORELLATO(モレラート)

MORELLATO(モレラート)はイタリアの革ベルトのメーカーです。

イタリアでは金やプラチナを使った時計の約80パーセントがこのブランドのものが使われて、50パーセントのシェアを誇っています。

 

イタリアのブランドらしく、鮮やかな色使いが特徴的です。比較的値段もリーズナブルで色使いも華やかなのでちょっとおしゃれしたい方におすすめです。

多くの色の展開がなされているためオシャレに敏感な方はぜひこのブランドを選んでみてはいかがでしょうか?

3.HIRSCH(ヒルシュ)

HIRSCH(ヒルシュ)はオーストリアの時計用革ベルトメーカーです。

1765年に創業した皮革(ひかわ)を扱う企業で、時計の革ベルトの生産やそのたブレスレットの生産をおこなっています。

水や汗といった革ベルトの天敵に対し、速乾性の機能をもたせたり100メートル防水など個性的な機能をもたせることで他のメーカーとの差別化を図っています。

仕入れている革はイタリアから取り寄せており、地味になりすぎずそれでいて質実剛健な革ベルトに仕上がっています。

 

もちろん革ベルトだけでなくラバーベルトの生産も行っているので革ベルトに飽きたかたにもおすすめです。

4.CAMIILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)

CAMIILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)はフランスの皮革(ひかわ)メーカーです。高い耐久性と優れたデザイン性で評判のブランドです。

革ベルトだけでなく、財布、かばんといった革製品も製造しており、イタリアとは違った色使いはイタリアの企業と比べてモダンな感じが漂っています。

 

 時計の革ベルトを購入したいならこのショップで

国内4000本の取り扱いであなたのほしい革ベルトがみつかるかも

まとめ

  • BAMBI(バンビ)は日本の革ベルト製造を行っている企業で、汗に強いべルトの制作やベルトのオーダーメイドの行っている
  • MORELLATO(モレラート)はイタリアの企業で色鮮やかなベルトの製造が得意
  • HIRSCH(ヒルシュ)はオーストリアの企業でベルトに速乾性機能をもたせたり、100メートル防水など水分の対策を行っている
  • CAMIILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)はフランスの企業で、イタリアの企業と比べモダンな感じが漂う製品づくりが得意