いまさら聞けない腕時計の正規品と並行輸入品の違いってなに?

こんにちは。今日は腕時計の正規品と並行輸入品のちがいについて書いていきたいと思います。

 

1.正規品と並行輸入品の違いについて

ます、正規品と並行輸入品の違いは入手ルートの違いです。

正規品は海外の本店から代理店や現地法人を通じて販売が行われます。

対して並行輸入品は海外から直接仕入れて販売するので、正規品よりも安く販売することが可能です。

2.正規品を買うメリットとデメリット

正規品を買うメリット

  • しっかりとした保証がつく

なんといっても、保証がしっかりしているので安心感が違います。またちゃんとしたところで買ったという安心感もあります。

  • 偽物はない

日本でに入ってくる正規品には偽物がありません。なので海外からも買い求めにくるひともいるくらいです。

正規品を買うデメリット

  • 値段が高い

日本に届くまでいろんな業者を仲介しているので、値段が高くなります。

3.並行輸入品のメリット、デメリット

並行輸入品を買うメリット

  • 値段が安い

仲介する業者が少ないので、値段も安くなります。

  • 海外向けの商品が手にはいる

国内では流通してないモデルを手に入れることができます。

並行輸入品をデメリット

  • 偽物が混じってくる

買い付けしたのはいいけど、偽物だったということがあります。

それを防ぐために評判のいい業者を選んで買いましょう

  • 並行輸入差別をするメーカーがある

いまはあまりないですが並行輸入品は正規での修理を受け付けないというメーカーさんもあります。

もし受けれなかったら修理してくれる業者を探しましょう

まとめ

  • 正規品を買うメリットはしっかりとした保証がつく
  • 正規品を買うメリットは偽物がない
  • 正規品を買うデメリットは偽物がない
  • 並行輸入品を買うと偽物が混じってくる可能性もあるので、評判のいい業者さんで買いましょう
  • 並行輸入差別をするメーカーがあるので、そういった場合きちんと修理してくれる修理屋さんもあるので、修理してくれる業者を探しましょう