2万円以下で買える!ひもがついてない革靴4選

靴紐がなくて安い靴ないかな~っていうときはありませんか?

脱いだり履いたりするときに靴紐があれば結ばないといけないし、仕事が忙しくて靴の手入れまで手が回らない・・という方もいらっしゃると思います。

靴の手入れってなかなか時間が取れないときちんと手入れができないですもんね。

さらに本格的な革靴って安くても2万円からしますし、なかなかポンと本格革靴なんて買えないよ!という方もいらっしゃいます。

今日はそんなあなたに革靴を好きになってから10足以上の経験を持つ私が、おすすめの4つのメーカーを紹介していきたいと思います。

 1.紐がない革靴① HARUTA(ハルタ)

HARUTA(ハルタ)は日本の靴メーカーです。特に有名なものがローファーとなっていまして、1万円代で買える革靴になっています。

まずなんと言っても、靴ひもがないので、非常に履きやすいというのが大きなメリットです。

シンプルで定番のデザインなので、飽きが来ずにずっと使い続けることができるのが大きな利点です。また靴紐がなく、履きやすいという点も大きなポイントです。

サイズ選びはスニーカーから0.5センチから1センチくらい引いたサイズを選ぶとちょうどいいとされます。紐がない分サイズ調整が難しいのもローファーの特徴です。

私の姉もこのHARUTA(ハルタ)のローファーを履いており、古くなってきたら新しいものを買うというサイクルで靴を変えているようです。

また女性だけでなく男性も愛用している人が多く、意外とサラリーマンの方もよく履いている革靴になります。

 

 

2.靴ひもがない靴② HybridWalker(ハイブリットウォーカー)

HybridWalker(ハイブリットウォーカー)は奈良県にあるオリエンタルシューズというメーカーが展開している軽くて歩きやすい靴となります。

オリエンタルシューズは1万円以下の使い捨てができる革靴から2万円以上の本格革靴まで製造している日本の靴メーカーです。

HybridWalker(ハイブリットウォーカー)合成革を使用しているため非常に軽いのが特徴的です。

そして1万円以下で買えることができるので忙しい社会人の方におすすめです。

1万円以下の革靴ですと本格的な革靴と比べて買い換えることがしやすいですし、この価格帯の革靴は靴底と靴を接着剤でつけた物が多いです。

そのため修理不可であり、長く履いていくというよりも履きつぶすといった目的ですので罪悪感なく履きつぶしてもらうことが可能です。

1万円以下で買えることができるので本格的な革靴に手が出せないというかたでもおすすめです。

オンのときはHybridWalker(ハイブリットウォーカー)のような安い靴を履いて、オフのときはオリエンタルシューズの本格革靴を履いて遊びに行くということもできます。

 

 

3.フォックスセンス

フォックスセンスは中国で創業した靴メーカーです。1万円以下で買える革靴でこちらはアマゾンで非常に人気の高い靴となっています。

何しろ安いので手入れをせずに履き続けることが可能です。手入れをしなくてもいいので忙しい方にはぜひおすすめしたいですよね。

また1万円でお釣りがくる靴ですが、非常に高級感のある見た目をしており、ひと目見ただけでは1万円以下の革靴だとわからないというのも非常にうれしいですよね。

おしゃれに興味があるけど、靴にそんなにお金をだせないという方にもおすすめしたい靴となっています。

この靴で手入れの練習を重ねて、次はもっと高い靴を買って挑戦していくというのもおすすめです。

 

 

4.ケンフォード

ケンフォードはリーガルの弟分の靴ブランドです。素材もリーガルと同じ素材を使っており、リーガルと比べて値段もリーズナブルなのが特徴です。

リーガルの弟分というキャッチフレーズで販売されています。

まずケンフォードで靴を勉強して、リーガルに挑戦するというのも面白いです。また値段も1万円以下であることからも手が出しやすい値段設定となっています。

そのことからも、靴の手入れをする時間がない方や、手入れが面倒だと感じる方におすすめです。